パソコンパーツ

パソコンの基本をわかりやすく パソコンの構成と主な部品の紹介

投稿日:

パソコンの構成と主な部品の紹介

パソコン(PC)は「マザーボード(MB)」「CPU」「メモリ(RAM)」「ハードデ
ィスク(HDD)」などの部品で構成され、動いています。下記ではPCを組立てる時に必
要な部品について紹介していきます。

「オペレーティングシステム」

一般的に「OS」と呼ばれています。この部品は、PC全体の管理をする役目を持ってい
ます。企業で例えると管理職ですね。

 

「マザーボード」

各部品の機能をつなげて、PCとして起動させるとても重要な部品です。人でいうと日常
動作には欠かせない骨格といったところでしょうか。

 

「CPU」

PCを組立てる時に初めに決めなければならない部品です。人でいう頭脳の部分にあたり
ます。この部品でPCの基本スペックが決まります。CPUの性能に合わせてその他部品を
選んでいくため、どれにするか一番悩む部品ですね。

 

「電源」

PCを動かすための電力を供給する部品となっております。心臓の役割を果たしています。

 

「グラフィックボード」

モニターにきれいな映像を映すための部品です。人でいうと目の部分にあたります。こ
の性能が良いほど、映像が滑らかになります。

 

「メモリ」・「HDD」の違いって?

どちらも人でいう記憶力にあたる部品ですが、この2つの違いが分からない人も多いと
思うのでわかりやすく解説しますね。

・「メモリ」

実はこの部品はデータを保存するものではないのです。簡単に言うと複数のソフトを同
時に起動するためのものなのです。私たちが普段、ExcelやWordを同時に起動できるのは
このメモリの機能が働いているからなのですね。

・「HDD」

この部品が皆さんのイメージしている大切なデータを保存しているものになります。
HDDは画像や作業データだけでなく、起動プログラムも保存しています。
以上が自作PCに必要とされる主な部品です。
この他にも「PCケース」「DVDドライブ」「サウンドカード」などなど色々な部品がありますが、
それについては、ブログや「部品の選び方」で紹介いたしますね。

-パソコンパーツ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PC部品の選び方.2

1.メモリ編 メモリには、CPUの世代ごとに規格が違うので注意してください。この部品に関しては、一枚当たりの容量が大きいほど高性能になるので、予算と使い方によって選ぶことが良いと思います。 DDR4( …

PC部品の選び方.1(ケース・CPU・マザーボード・グラフィック編) 

ここでは、PC部品の選び方を説明していきます。自作PCの部品点数は、7~10点ほどでそれほど多くありません。しかし、部品の選び方や組み合わせの相性などを覚えておかないとPC本来の性能が引き出せないこと …